top of page
  • 執筆者の写真高間 大平

「共に支え合い、共に輝く地域共生社会へ。」医療・介護・福祉の連携に士業を加え、全方向的なサポートでお支え致します。

 地域共生社会の実現に向けて、医療、介護、福祉の分野が緊密に協力し合いながら取り組むことが重要です。これらの分野は、高齢者などの特定の人々に対して、健康や福祉のサポートを提供しています。


 現在、医療・介護・福祉の連携は盛んに行われており、さらなる進展が期待されています。特に、高齢者や経済的な困難を抱える人々への支援において、経済的な側面や法務的な側面でのサポートが不可欠です。そのためには、弁護士、司法書士、行政書士、税理士等、士業との連携が非常に重要な課題であると言われています。


 経済的な支援では、高齢者や困難を抱える人々が経済的な問題に直面した際に、助けを受けることができるような仕組みを構築する必要があります。士業と連携することで、税金や年金などの経済的な手続きや制度を理解し、利用者が適切な支援を受けられるようにサポートします。また、財務面でのアドバイスや資金調達の支援も行われます。これにより、経済的な困難を抱える人々が適切な支援を受けながら、安心して生活することができるのです。


 法務的な支援では、高齢者や困難を抱える人々が法的な問題やリスクに遭遇した場合に、適切な対応ができるようにサポートが必要です。医療・介護・福祉に士業を加えた連携により、法律に基づく権利を擁護することが出来ます。これにより、高齢者や困難を抱える人々が法的な保護を受けながら、住み慣れた地域で生活を継続することが出来るのです。



【当社が提供する地域共生社会の実現に関連するサービス】

  1. 入院時身元保証100,000円 ※極度額30万円以上の入院時保証に関しては要相談

  2. 施設入所時身元保証2ヵ月分の賃料相当額

  3. 任意後見契約書作成50,000円 ※別途実費(公証人手数料等)

  4. 任意後見人受任30,000円/月 ※ケアマネジメント業務や身元保証業務との兼務など利益相反の疑いがある場合にはお受けすることが出来ません。代わりに適切な支援者を紹介させて頂きます。

  5. ​法定後見人受任:報酬は家庭裁判所が審判で決定。

  6. ※別途実費(公証人手数料等)

  7. 内容証明作成:30,000円

  8. ​各種契約書作成:30,000円~



Comentarios


bottom of page