top of page
  • 執筆者の写真高間 大平

学びの舞台での感動:主任ケアマネの更新研修から感じる支援業務の奥深さと思い

今日は主任介護支援専門員(主任ケアマネ)の更新研修に参加しました。



この研修では、主任ケアマネたちが各々持ち寄った「リハビリテーション及び福祉用具の活用に関する事例」を中心に、スーパービジョンという様々な助言や指導の方法を学ぶ場としています。


私のグループでは、どのようなアドバイスをするべきか、また人をどう導くべきかという点で様々な意見が交わされました。


中でも、大先輩からの一言「わからない、答えが出ない」という言葉が印象的でした。この「わからない」という言葉には、深い意味が込められていると感じました。私たちは常に正解を知っているわけではないし、それを受け入れ、さらに学びを深めることが大切だと思いました。


この研修における講師の飯山先生、主催者の皆さん、そして同じグループで学んだ皆さんに、心から感謝します。この経験を通じて、長年携わってきた相談援助の仕事がますます好きになったひと時でした。ありがとうございました。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page